ニキビの種類

男性のニキビにはいくつかの種類があります。今回は男性のニキビの種類についてお話します。

 

白ニキビ

一番最初にできるのが白ニキビです。白ニキビは、毛穴に皮膚の汚れや垢、埃、汗、皮脂などが詰まっている状態のニキビです。目に見えないほど小さなものですので、この状態の時に丁寧に洗顔をして汚れを落とせばニキビを未然にふせげることが多いです。

 

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴に詰まった汚れや垢、皮脂が毛穴をうめて、それが角栓となり黒いボツボツとなった状態のニキビです。小鼻の周りなどにできることが多く、毛穴の詰まりによってできる典型的なニキビです。

 

赤ニキビ

毛穴に詰まった角栓が皮膚の常在菌と合成して炎症を起こした状態のニキビです。赤く腫れて、痒みや痛みを伴うこともあります。頬や額などに何カ所かできると、顔全体が赤ら顔になります。ニキビで顔の赤みがでるのは赤ニキビが原因です。この状態でケアすれば、これ以上悪化することを防げますので早めの対処が必要です。

 

黄色ニキビ

黄色ニキビは、炎症を起こした患部の皮膚のダメージが皮膚のかなり深い部分までおよんで、肌の表面が膨れあがっている状態のニキビです。瘤のように膨らみがあり、中に膿が溜まっているので潰すと跡が残ることもあります。このようにニキビがかなり悪化してしまうと、あとはニキビ跡が残らないよう対策するしかありません。

 

クレーターニキビ

クレーターニキビは、肌の表面に凸凹ができ、ニキビ跡が頬全体に広がった状態です。特にクレーターニキビは男性にも多いニキビで、肌の乾燥も同時に起こりやすくなります。一度クレーターニキビができてしまうと、なかなか治りにくく、10代でできたクレーターニキビが、大人になってから深く沈着していることがあります。このようなクレーターニキビは、肌の乾燥により悪化します。

 

ニキビケアによい化粧品

このようなニキビの原因が起こるのは、皮脂分泌と乾燥が原因となります。特に男性のニキビが悪化して、治りにくいのはニキビケアが不十分なためです。男性は洗顔には積極的ですが、洗顔後の保水や保湿ケアまで行っていないことがほとんどです。これが男性のニキビを悪化させてしまいます。

 

そこで男性のニキビケアに重要なのは洗顔後の保水・保湿ケアをしっかりと行うことです。洗顔でしっかりと皮脂を抑え、清潔にたもつことができたら、ディーフラット(D-Flat)などの男性用ニキビケア用品で保水と保湿を行いましょう。これでニキビを悪化させたり、ニキビ跡を防ぐことができます。

 

 

ディーフラット(D-flat)公式サイト